鳥取の遺言・相続は、専門行政書士による全国相続協会鳥取中央相談室にお任せください。
ブログ

遺産分割

預貯金も遺産分割が可能です

昨年の12月に最高裁で「預貯金は現金と同様に、法律に定められた割合に縛られず相続人の協議で遺産分割できる」という判断が示されました。これについて、少し詳しく説明しましょう。 遺産分割については、遺言があれば遺言に基づいて …

死亡保険金の相続はどうなる?

被相続人が死亡したために支払われる保険金の相続はどのようになるのでしょうか?特に税金との関係でややこしい面がありますので注意が必要です。 ①契約者(被相続人)、受取人(配偶者、子)の場合 まず、被相続人が契約者で保険料を …

行方不明者の相続はどうなる?

失踪宣告とは 相続は、原則、人の死亡によって開始します。しかし、例外もあります。 例えば、 ① 生死不明で7年以上経過している場合(普通失踪) ② 沈没した船舶に乗船していたなど危難に遭遇し1年以上生死がわからない場合( …

相続人が未成年者や認知症のときはどうする?

遺産分割の協議(話し合い)を相続人間でする際に、相続人の代理をたてなければならない場合があります。どういう場合かというと、相続人が20歳未満の未成年者であったり、認知症である場合などです。 これらの人は、法律上で、財産の …

特別縁故者とは?

相続人がいそうにないときは、家庭裁判所が3回公告を行って相続人を捜索しますが、それでも相続人が現れなかったときは、特別縁故者への財産分与を民法では認めています。 特別縁故者とは、その名のとおり、亡くなった被相続人と特別な …

相続人が誰もいないときにはどうなる?

通常、相続人が誰もいないということはあまりないことですが、現実にはあります。 例えば、相続人が全員死亡していたり、みな相続放棄をしたり、相続欠格者、相続廃除者でその代襲相続人がいないときは、誰もいないという状況になります …

相続の3つの選択

相続というと財産を受け取れるものと考えている方が多いようです。しかし、財産は必ずしも不動産や預貯金などのプラスの財産ばかりではありません。亡くなった人の借金などマイナスの財産も相続では引き継ぐことになります。 このことを …

PAGETOP