12月19日の最高裁大法廷で、遺産分割に係る重大な決定がなされましたのでお知らせします。

それは、相続財産のうち預貯金も遺産分割が可能との判断がなされたことです。

これまで預貯金は、遺産分割の対象ではありませんでした。最高裁の判例でそうなっていたのです。

遺産分割の対象ではないということは、相続人間で話し合って相続分を決めることではないということです。

そのため、家庭裁判所での遺産分割の審判においては、遺産分割の審理の対象外で、預貯金は自動的に法定相続分に従って分ければよいという判断でした。

ところが今回の大法廷で、預貯金も法定割合に従わなくても、相続人間で協議してその割合を決めることが可能とされたのです。