今年の5月29日から「法定相続情報証明制度」という制度が始まりました。

ざっくり言うと、法定の相続関係がわかる相続関係一覧図を作成し、それを法務局に申請すると、法務局が認証して「認証文付き一覧図の写し」の発行を受けることができます。これが法定相続証明書です。(いわば法務局で取る不動産や会社の「登記簿謄本(登記事項証明書)」のようなものです。)

そして、この一覧図の写しがあれば、複数の登記所や金融機関で相続の手続きをするときに、これを提出すれば何回も戸籍謄本等を取り直さなくても済むという制度です。

これまで銀行で相続による預金の払い出しをしたり、法務局で相続した不動産の名義変更(相続登記)をする際には、いちいち戸籍の原本をその都度取り直さなければならなかったので、お金と手間がかかっていました。

しかし、これからはこの書面を代わりに提出すれば良いことになったのです。確かにこれは便利ですよね。

ところで、なぜこのような制度ができたのでしょうか?

それは、不動産の登記名義人(所有者)が死亡した場合、所有権の移転の登記(相続登記)が本来必要であるにもかかわらず、この相続登記がなされないまま放置されているという背景があるからなのです。

そして、相続登記がされないことにより様々な社会問題が引き起こされているからなのです。

詳しくは次回以降にまた説明します。